SM & Fetish Bar Titty Twister

東京新宿にある SM & Fetish Bar Titty Twister ティッティー ツイスター は、SM・緊縛・フェティッシュ・ボンテージ・アブノーマル等の嗜好を解放する非日常空間です。

9/9(金)の日記

2016/09/11

はじめまして!
今回はじめて日記を担当させていただくバーテンダーのあっきーです。
末長くよろしくお願いします。
本日のTitty-Twisterは週末という事もあり色々な嗜好の方々と色々なお話を伺う事ができました。
ラバーがお好きな方のお話しを伺った時は、小学生のころから水泳の帽子を顔に覆い息を吸って密着するのを愉しまれた、とか貸別荘でラバー嗜好の方々と集まってお戯れをした…
など映画でしか考えられないようなお話を伺い興味深々でしたね。
店内に顔を向けると、縛り手様も受け手様もはじめましてで縄縄し始める方がいらっしゃいました。
受け手様が縄の楽しみ方について、感じ方について熱く語っておられ、普段責める立場なので、受け手の考え方を深く考える機会ができてホントにホントに勉強になりましたね。
縄の受け方の話をしていると、何故か話の方向が変わりだし、高田馬場の『米とサーカス』というお店の話になりました。
そこはウサギやカラスやダチョウの肉料理や、イナゴやコオロギやタガメやセミなどの虫料理が楽しめるお店だそうで、人生経験としても一度は味わってみたいと思い、休日に是非行ってみたいと思いましたね。
わいわいと話しているとおとなわ夜食のお時間になりました。
今日は松茸ご飯と豚汁とポテトサラダで食欲の秋を堪能できるボリュームですね!
とりあえずここで一句
松風や…
米の恵みに…
歓喜して…

無事に今日の一句が終わったところで、お客様方は秋の味覚を堪能なさると、研ぎすまされた触覚を刺激すべく鞭の時間がはじまりました。
食後の鞭は格別で全身全霊をかけて浴びる鞭にご満悦なさってましたね。
しかしまだまだ刺激を求めるお客様方…
三種の神器の最後の蝋燭の時間がはじまりました。
本日の蝋燭は何色かを使い分けたカラフルな蝋燭で芸術の秋が来たんだなぁと肌で感じることができましたね。
蝋燭の灯りも消えてはじまり出したのはチクビドリル研究会でした。
受け手様と責め手様たちが、どこを、どの角度で、どの様にヒネるのかが深く深く意見を交わし、ドリルの素晴らしさが少しずつ高められ、完成していく様子が伝わってきましたね。
話は深くなっていき、何故M男性がショーで受け手をする事が少ないのか?
一般的に女王様はM男性を調教するのに、何故ショーではM女性を調教するのか?
M男性のAVは売れるのに、何故ショーにはなり得ないのか?
と深い議論がなされ、皆様真剣に考えてらっしゃいました。
まだまだ白熱した議論がなされてるなか9月9日のTitty-Twisterの営業時間になってしまい、残念なところでしたね。
関係ありませんが9月9日は九九の日ってことで、九九81は将棋盤のマス目の数ですね。
とりあえずお疲れ様でした。

-お知らせ