SM & Fetish Bar Titty Twister

東京新宿にある SM & Fetish Bar Titty Twister ティッティー ツイスター は、SM・緊縛・フェティッシュ・ボンテージ・アブノーマル等の嗜好を解放する非日常空間です。

9月30日おとなわ講習会中級講座

2016/10/01

image1.JPG

19:30

日記の更新が遅いことがバレる前に営業終了後に書いてみたあっきーです。

今日はおとなわ講習会中級講座という事もあり、かなりの実力者の方々が緊縛技術を極めようと真剣な眼差しで縛ってらっしゃいました。

講習会が終わってもたくさんの生徒さんたちが残り熱い緊縛トークが始まりました。

緊縛の練習をしすぎて指が腱鞘炎になった方もいらっしゃり、僕もなった、私もなったと皆様が相槌を打ち、色々な苦労をして緊縛は上達するんだなぁ。

と改めて思いましたね。

そう言えば緊縛は上達するまでに、縄を一本ボロボロにするとか、腱鞘炎になるとか言いますけど、どのくらいの方が経験しているのか一度統計を取ってみたいですねw

話は少しさかのぼり、titty twisterがオープンして間もないころ、数週間後に迫るフェチフェスで、奈加あきらさんに6時間後手縛りをされる。

という相談を緊縛モデルのMさんにされ、僕が肩甲骨の柔らかくする自力整体を教えたことがあったのです。

Mさんは真面目に毎日100回(記憶にないが僕が100回と言ったらしい)肩甲骨を回し続けたらしいです。

それで今日、師匠譲りの指の機能チェックをしてみたら、何の異常もない…

これは正直すごい。

6時間後手縛りをされ続けて何の問題もない…

縛り手の奈加あきらさんが超一流だからと言っても、ここまで問題がないとは流石にすごい。

緊縛は縛り手、受け手、両者の努力が最も大切なのだとホントに思う。

これからも安全なSMを目指し、SMをもっともっと素晴らしいものにしていきたいですね。

最後に本日のおとなわ夜食はラタトゥイユと自家製サワークリームとポテトサラダです。

関係ありませんがポテトチップスのポテトがジャガイモであることを35歳で知った今日この頃です。

iPhoneから送信

-スタッフ日記